スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会員の言葉
<「ひまわり会」名前の由来>  常務理事 谷 秀夫(平成7年度付属養護学校卒業生)

 ぼくたちを支援してくれる話がたちあげて一かいめのほっき人会のときでました。なまえはむずかしいかんじとかで まとめるんじゃなくて、みんなに わかりやすく わかってほしくて ぼくは本とかで いろいろしらべて「ひまわり会」にしようと思いました。ひまわりの花ことばは「いつまでも かわらぬ思い」というのも きにいりました。


<私のひまわり会での活動>  常務理事 草薙広道(平成8年度附属養護学校卒業生)

 最初の時はクラブスペースワールドを立ち上げ、それとサッカーつばさFCの立ち上げを自分たちでやってきました。理念を実現してきました。一番良かった点は、仲間と公式戦に出られたことです。今後将来的には後輩を育てて、クラブとかいろんな人と楽しくできる環境を目指して行きたいです。


<ひまわり会に入って良かったこと>  事務局 柳沢 ひとみ(平成12年度卒業生保護者)

 私にとって、ひまわり会はちょっと変な言い方ですが[ストレス解消?の場]また[いろいろな人生の勉強の場]になっています。たくさんの人が事務局に出入りしています。☆在校生のお母さん方が卒業後の進路のことについて不安や悩みを話しに寄ります。☆卒業後、就職先でうまくいかず悩みをかかえてくる卒業生やそのご家族がいます。いろいろな人の話を聞き、私自身も勉強させられています。ひまわり会は、いつになっても教えたり、教えてあげたり・・・すごく良い場所です。


<助けられながら助け合う>  常務理事  浜口 千代子(平成5年度修了生保護者)

 障害が有る無しにかかわらず、子供を育てるということは大変なことかもしれません。でも「大変だ大変だ」と思って毎日を過ごしているお母さんはいないと思います。「障害があるから大変だ」と思うのではなく、「どうしたらよくなるのか」「何をしてあげたら一番いいのか」ということを考えていたような気がします。附属養護在学中、本当に沢山の人に支えられて苦しい時を乗り越えられたと思っています。現在私がこうして「ひまわり会」のお手伝いをさせていただいているのも、感謝の気持ち恩返しの気持ちがあるからです。助けてもらうばかりでなく、助けてあげられる人間でありたいと思っています。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © ひまわり会. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。